本文へスキップ

ギター用チューブアンプ( 真空管アンプ )の紹介・選び方・ガイド

ホーム > スピーカーキャビネットの選び方

スピーカーキャビネットの選び方

スピーカーキャビネットの選び方




スピーカーキャビネット とは?

簡単に言うとスピーカーを入れる箱のことですね。エンクロージャーともいいます。キャビネットにはオーディオ用のスピーカー同様、種類があります。



密閉型(クローズド・バック);
文字通り、密閉された箱にスピーカーが入ったタイプ。マーシャル1960など、大型キャビネットの場合、密閉型が多いです。

キャビネット自体大型であれば低域も充分に出力され、スピーカーの特性もしっかり出ます。密閉されているので何処に置いても音質は一定です。


後面開放型(オープン・バック);
フェンダー・アンプなど、コンボアンプの大半は真空管の放熱の関係もあるのでしょう、大抵はこの方式を採用しています。スピーカー背面の音も出音に反映され、置く場所によりサウンドが変化します。


バスレフ型
密閉型のユニットに穴を空け、箱内部の低域を利用してしまおうという方式。低域を効率よく出力したい、ベース・ギター用キャビネットに多い形式です。小さなオーディオ用スピーカーにも多く採用されるタイプです。




ストレートか?スラントか??
マーシャル(タイプ)の4x12キャビネットにはAとBという型番が存在します。代表的なキャビネット1960で見てみましょう。

1960A
1960B
2台重ねて使うことでお馴染みの、マーシャルキャビネットですが、A/Bそれぞれ違いがあるのです。

1960A
上はA(Angledの略)キャビネット。上部スピーカーが斜めに付いている為、音に広がりがあり、音が良く飛ぶように設計されています。


1960B
下はB(Baseの略)キャビネット。スラントされていない分、容量が大きく中低域が豊かといわれています。





許容入力

スピーカーには許容入力というものがあります。許容入力とは、『○○以上入力するとスピーカーが壊れますよ』という目安のことですね。W(ワット)で表します。


問題;
定格100Wの真空管アンプに、許容入力100Wのスピーカーは繋げるのでしょうか??


答え;
繋ぐことは可能ですが、出力を上げると壊れる可能性があります。


定格100Wということは、フルチューブの場合の最大出力は倍の200W近くになります。その為スピーカーの許容入力は200W程度のものを使用(マーシャルの定番キャビネット1960には許容入力300W、100Wと色々あります)するか、ユニットを複数使用し、出力を分散(100Wの1960を2台、2段→3段積みへ)させる必要があります。


*出力の小さなヴィンテージ・スピーカーを使用したアンプは特に注意が必要です(許容ギリギリのサウンドが好きという方も多いですが)。

シールドの抜き差しなどによる不用意なノイズにも注意が必要です




インピーダンス(Ω)

スピーカーにはインピーダンス(抵抗)というものがあります。Ω(オーム)という記号で表記されますが、アンプとスピーカーのインピーダンスは規定値に合わせる必要があります。インピーダンスを合わせないと正常に再生されないばかりか故障の原因にもなりますので注意して下さい。


ヘッドタイプのアンプの場合、切り替えスイッチか、複数の出力端子が用意されている筈です、確認しましょう。

Zinkyアンプのスピーカー出力/インピーダンス切り替えスイッチ

スタック・タイプで スピーカーキャビネット を2台使用する場合はどうすれば良いのでしょう?


見た目や音質、許容入力の問題等で スピーカーキャビネット を2台使用する場合は、「キャビネットの入力インピーダンスを、使用するキャビネットの数で割った値で出力する」という公式があります。



16Ωキャビネットを2台使用する場合、16÷2で8Ωになりますので、8Ωで双方のキャビネットにパラレル(並列)で接続します。8Ωのキャビネットが2台なら4Ωですね。


スピーカー接続端子

コンボアンプの場合も同様で、搭載スピーカーはそのままで、EXTスピーカー端子に別のキャビネット接続する場合も上記公式が当てはまりますが、搭載スピーカーのインピーダンスなどマニュアルを良く読み接続して下さい。



スタジオにあるマーシャル製キャビネット(16Ω)に繋ぎたいが大丈夫?
手持ちのアンプ(8Ω)を練習スタジオへ持って行って、マーシャルの12x4(16Ω)キャビネットに繋ぎたいが壊れない??


アンプ側のインピーダンスより大きな数値(8⇒16Ω)であれば問題ありませんが、適正値での使用に比べると、音量が下がります(性能が発揮されない)。逆に(8⇒4Ω)と小さな数値の場合、アンプ側に負荷がかかり故障の原因にもなります。


12x4のキャビネットには大抵インピーダンス切り替えのスイッチがあるので適正値での使用がベストです。





その他のポイント

スピーカーの口径
スピーカーの口径が大きい方が、音が大きく低域も豊かになります。ギターアンプは8〜12インチが主に使用されますが、例えば小型の8インチのスピーカーよりは、12インチのスピーカーの方が音量、低域共に豊かです。



キャビネットの大きさや形状
音質はスピーカーだけでなく、 スピーカーキャビネット の大きさや形状によっても異なります。
マーシャルのキャビネット で言うと、1960AXより1960TV(TALL VINTAGEの略)の方が箱が大きい為に低域がより得られるようになっています。



スピーカの数
スピーカの本数を増やすことで低域が出るようになります。2x12(12インチ2発)より、4x12(12インチ4発)の方が、より低域が得られます。



スピーカー・ケーブルは必ず繋ぐ
チューブアンプの場合、必ずスピーカー専用ケーブルを繋ぐことケーブルを繋がずに音を出す(音は出ませんが)とアンプが壊れます。また、スピーカー・ケーブルも必ずスピーカー用を使用しましょう。ギター用シールドケーブルに似ていますが、誤って使用するとシールドケーブルが燃えてしまうなんてこともあるようです。



スピーカーのマグネット
スピーカーに使われているマグネットでも音に違いがあるようです。マグネットにはアルニコ(アルミニウム、ニッケル、コバルトの合金の略)、セラミック(フェライト)、ネオジウムを使用したスピーカーがあります



アルニコ
セラミックが開発される以前によく使われていたマグネット。中低域が豊かなヴィンテージ・サウンドが特徴です。許容入力が低いものが多いので注意が必要です。

主なメーカー
JENSEN Pシリーズ
CELESTION Blue、GOLDシリーズなど




セラミック(フェライト)
1960年代に開発されたマグネットで、よりクリアーでヌケの良いサウンドが特徴。

主なメーカー
JENSEN Cシリーズ
CELESTION G12、Vintage 30など




ネオジウム
近年開発されたマグネットで、スピーカーにとっては小さくハイパワー。許容入力100W以上のものも多数。マグネットが小さく軽量なので、ライブ用のアンプにオススメ。

主なメーカー
JENSEN NEOシリーズなど




色々特徴があるので、キャビネットを選ぶ際には搭載スピーカーを調べることも重要だとおもいます。




チューブアンプの選び方トップページへ
ギターアンプ用スピーカーを探す





@tsune1221



inserted by FC2 system